▼新着記事へ

忍者寺「妙立寺」の仕掛けあれこれ。

忍者寺「妙立寺」では、様々な仕掛けのほかにも見どころがたくさんあります。
たとえば雪の多い地域ならではの工夫から、屋根に積もった雪の重みで建物が潰れないように、元々曲がった木を利用した梁が使われているのもその一つです。370年ほど前の建物でありながら、今もその形をそのまま残しているのですから凄いですよね。


また、茶室は室内では刀や槍が使えないように天井が低くなっていますが、圧迫感を軽減するために天井の真ん中が少し上がってアーチ状になっているほか、富士山と月と雲をイメージした装飾が施されていました。他にも1本の木を弓なりにくりぬいた風流な太鼓橋があったり、茶室から汲み上げられるように作られた大きな井戸にはちょっとした秘密があったりと、工夫がいっぱいです。


それから、武士の時代ならではの「切腹の間」という少し怖いお部屋もありました。一度入ると中からは開かない仕組みになっていて、死に様をさらされることなく、そのまま火を放つための部屋ではないかと言われているのだとか。背筋がゾクっとするお話ですが、このお寺で切腹した人はいないそうでホッとしました。

ちなみに、「忍者寺」は忍者が居たわけではなく、複雑な仕掛けからそう呼ばれているのだそうです。

 

もっと旅のことを読みたい方は、facebookページ「たびーら」で。

この記事のライター:たびーら

日本旅行の女子旅キャラクターをやってます。

この記事を友達に紹介する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

▲ページの先頭へ

記事検索


※キーワードはスペースで区切って下さい。

コミミニの記事を毎朝お届け!

コミミニ.jpの新着記事を毎朝携帯にお届けするコミミニ.jp メールマガジンに是非ご登録ください。

新着記事

石川県・和倉温泉「多田屋」の敷地内桟橋からの絶景。

石川県・和倉温泉の「多田屋」は、明治18年の創業当初には温泉...

和倉温泉街の奥座敷にある隠れ宿が「多田屋」。

北陸唯一の海の温泉地「和倉温泉」は、開湯1200年を誇り、明...

ガイドさん無しでは見学できない、仕掛けだらけの石川県「忍者寺」。

石川県の「忍者寺」の中をさらに進むと、今度は床から隠し階段が...

通称「忍者寺」とも呼ばれる、金沢「正久山・妙立寺」。

城下町「金沢」で、ちょっとしたドキドキを楽しみたい女子旅にオ...

城下町・金沢ならではの雰囲気が味わえる「長町武家屋敷跡」。

石川県の「金沢」といえば、かつて江戸、大阪、京都に次ぐ4番目...

話題の記事

【大阪紀行】花見の季節の大阪城。

大阪に来たらココ!というわけで、大阪城にも行ってきました。春...

【出雲紀行】全身ツルツル、美肌なら出雲の「玉造温泉」。

出雲へのアンチストレスな母子旅、Part4です。今回の旅のお...

【湯布院温泉】ステンドグラスフォトフレーム作りを体験。

由布院へのアンチストレスな女子旅紀行。せっかく旅行に来たのだ...

 SNSネタとして記事を引用できます!

コミミニ.jpの記事を、ご自分のアメブロ・twitter・facebookのネタとして無料で引用できる「引用会員」を募集しています。是非ご登録ください。

※ただし、引用先のSNSがきちんと更新されているか、公序良俗に反していないかなど、本部の基準による登録審査があります。

 自分の記事を載せてみませんか?

コミミニ.jpの記事を書くライター(投稿会員)を募集しています。是非ご登録ください。

※ただし、本部の基準による登録審査があります。

▲ページの先頭へ