▼新着記事へ

【大阪紀行】花見の季節の大阪城。

大阪に来たらココ!というわけで、大阪城にも行ってきました。

春には4500本もの桜が咲き乱れ、その風景は“日本さくら名所100選”にも選定されているほどの名所でもある大阪城公園。

私たちが訪れた時期は、ちょうど桜の開花の時期と重なっていたので、咲いてるかな?どうかな?と期待しながら行ってみると・・・咲いてました、綺麗な桜!

 

まだ数本だけで、すべての桜が満開とまではいきませんでしたが、現地の方によると、満開時の「西の丸庭園」は特にオススメとのこと。

緑がたくさんあって、桜の季節以外でものんびりくつろげる癒しの場所です。

 

天守閣を目指して歩いていると、重要文化財に指定されている「桜門」の手前辺りで、石垣が見渡せる場所がありました。この美しい石垣も、大阪城の魅力の一つなのだそうですよ。

 

そして、桜門をくぐると大きな一枚岩「蛸石」がお出迎えしてくれます。石の左の方にタコが寝ているようなシミがあることから、そう呼ばれているそうです。

気になる大きさは、高さ5.5m、横幅11.7m重さ推定130トン!大阪城の敷地内で一番大きな石です。

読者モデルとしても活躍中の岩崎静羅ちゃんと比べてこの大きさ!地方の大名によって送られたものなのだそうですが、どうやって運んだのだかとても不思議です。

 

そして、いよいよ天守閣の目の前に到着。とても天気が良かったので、素晴らしい景色でした。

せっかく来たからには何かしたい!ということで・・・即席で考えた大阪城ポーズ。

大阪城にお越しの際は、ぜひお試しください(笑)。

 

そして、いよいよ天守閣へ。入館料600円を払って、石段を登っていきます。

大きな荷物がある方は、チケット売り場の横で1つ100円で荷物を預かってもらうこともできますよ。

 

天守閣の中は博物館のようになっていて、お城の豆知識や豊臣秀吉のゆかりの品々などが展示されています。

8階まである天守閣内を歩いて登ってみることにした私たちはの足は、早速2階で止まってしまいました。

というのも、そこには復元した戦国武将の兜を、陣羽織を一緒に試着できるコーナーが!

女性用の小袖もあるとのことでしたが、小林麻里子ちゃんと岩崎静羅ちゃんは迷わず武将の兜を選択。

笑顔で写真撮影もバッチリ・・・でしたが、実は左側の小林麻利子ちゃんの兜、とっても重かったそうです。

本物のお城で戦国武将の恰好をするなんて、貴重な体験でした。

 

8階の展望台では、お天気が良いこともあって、とても気持ちのいい風が吹いていました。

大阪の街をぐるりと見渡せて、まさに殿様気分。

あまり歴史には詳しくない私たちでしたが、とても癒され、楽しかったです!

大阪城は、過去と現在をつなぐ、不思議な体験ができる場所でした。

 

もっと旅のことを読みたい方は、facebookページ「たびーら」で。

この記事のライター:たびーら

日本旅行の女子旅キャラクターをやってます。

この記事を友達に紹介する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

▲ページの先頭へ

記事検索


※キーワードはスペースで区切って下さい。

コミミニの記事を毎朝お届け!

コミミニ.jpの新着記事を毎朝携帯にお届けするコミミニ.jp メールマガジンに是非ご登録ください。

新着記事

石川県・和倉温泉「多田屋」の敷地内桟橋からの絶景。

石川県・和倉温泉の「多田屋」は、明治18年の創業当初には温泉...

和倉温泉街の奥座敷にある隠れ宿が「多田屋」。

北陸唯一の海の温泉地「和倉温泉」は、開湯1200年を誇り、明...

忍者寺「妙立寺」の仕掛けあれこれ。

忍者寺「妙立寺」では、様々な仕掛けのほかにも見どころがたくさ...

ガイドさん無しでは見学できない、仕掛けだらけの石川県「忍者寺」。

石川県の「忍者寺」の中をさらに進むと、今度は床から隠し階段が...

通称「忍者寺」とも呼ばれる、金沢「正久山・妙立寺」。

城下町「金沢」で、ちょっとしたドキドキを楽しみたい女子旅にオ...

話題の記事

【出雲紀行】全身ツルツル、美肌なら出雲の「玉造温泉」。

出雲へのアンチストレスな母子旅、Part4です。今回の旅のお...

【湯布院温泉】ステンドグラスフォトフレーム作りを体験。

由布院へのアンチストレスな女子旅紀行。せっかく旅行に来たのだ...

 SNSネタとして記事を引用できます!

コミミニ.jpの記事を、ご自分のアメブロ・twitter・facebookのネタとして無料で引用できる「引用会員」を募集しています。是非ご登録ください。

※ただし、引用先のSNSがきちんと更新されているか、公序良俗に反していないかなど、本部の基準による登録審査があります。

 自分の記事を載せてみませんか?

コミミニ.jpの記事を書くライター(投稿会員)を募集しています。是非ご登録ください。

※ただし、本部の基準による登録審査があります。

▲ページの先頭へ